本文へ


2020年4月5日 卒部式

トップページ > イベント・行事 > 2020年4月5日 卒部式

3月28日にオルブライトホールで行われる予定だった定期演奏会。
その演奏会が正式に中止されることを知った吹奏楽部員、特に最後の晴れ舞台だった6年生9名はガッカリと肩を落としてしまいました。

定期演奏会で流す予定だった6年生動画の撮影風景

毎年恒例の6年生単独の演奏、今年は星野源の『アイデア』です。
6年生をメインに、『アイデア』が主題歌だった朝ドラ『半分、青い。』のオープニングをオマージュに動画を制作しました。
 

 

★卒業式
例年、吹奏楽部の演奏で入場する卒業生なのですが、今年は放送の曲での入場となりました。
仕方ないとはいえ、かなり簡略化された卒業式でした。
淡々とすすんでいく印象の式の終盤、6年生の合唱のときにそれは起きました。
間奏で担任の先生方の心がこもった生徒への呼びかけ。
予想していなかったその突然の温かい言葉に、ひとりまたひとりと送られる卒業生が涙を流し始めました。​​
合唱の指揮をする長沼先生の頬にも光るものが。
みている保護者も涙、涙でした。

​​​思い出深いピロティにて6年生と長沼先生。
本音を言えば、苦楽を共にした在校生の部員たちとも記念写真を​撮りたかったところです。 ​​

 
★卒部式
今年は中止と思われていた吹奏楽部の卒部式。
先生方のご尽力で、4月5日に開催となりました!!
卒業生9名と、この春に転校する1名の計10名が大淀小吹奏楽部を卒部しました。​​​


はじめに大淀小を転校する3年生のAさん。
1年生のときに入部した彼女は、2年生までパーカッションを担当。
1年生の全国大会の舞台では、チャイムの音色を響かせました♪​
​3​​年生ではホルンを担当。3年間よく頑張りました。
新しい学校でも頑張ってくださいね(^o^)​

続いて卒業生9名の入場です。
一人ずつスピーチを行いました。
吹奏楽部に入ってから印象に残っていること、感謝の言葉をそれぞれが述べていきます。
スピーチ後に各パートの在校生が卒業生に寄せ書きの色紙を手渡します。
その表情は悲しそうでもあり、照れくさそうでもありと悲喜こもごもでした。​
長沼先生からも卒部するひとりひとりにお話がありました。
​入部したときのことや成長具合などの細かいエピソードに、先生の生徒に対する愛情を感じた一幕でした。


最後に、卒業生にとって最後の演奏となる、全国大会の曲を演奏しました♪

・​漆黒のルピナス            / 江原大介

 ​ミュージカル「CHICAGO」コレクションより
 Overture
 And All That Jazz  / J.カンター 金山徹

 ​ジョン・ウィリアムズ・スウィングス!より
 Swing Swing Swing​​​​​​​​ / J.ウィリアムズ J.ポコック
​​
2月に自宅待機を受けてからの久しぶりの演奏。
​その音色はとても美しく、卒部式に出席した保護者の心に響きました。
​6年生9名が率先して吹奏楽部を牽引してくれた今年度の全国大会。
​金賞をいただいたことも良い思い出ですね♪


最後は、卒業生のKちゃんママのピアノ伴奏で手のトンネルを作り、卒業生を送り出しました(^^)​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

卒業生の皆さん、また音楽室に遊びに来てくださいね!​​



先生、在校生、ドレミ会一同、中学生という新たなスタートを応援しています♪​

​​

​​​​​​​​​

2020-06-29(月) 23:28:45